ケータリング寿司職人になるには

Pocket

今では外でも家でも手軽にお寿司を食べることができる時代になっています。中でもケータリングタイプの寿司は非常に需要が高まっており、最近では職人さんになって自らデリバリーの会社を立ち上げて、お客さんに美味しい寿司を国内外で振舞う動きがあります。 どのようにしてケータリング寿司職人になれるのかといいますと、一般的なお店で弟子修行をするのも良いです。ただし弟子修行の場合は飯炊き3年握り8年と言われているくらい大変な修行をこなさないといけないです。一年くらいで一人前になるには難しい世界だと考えられていました。 でも、最も早く一人前になれる方法があります。それはすし専門の養成塾で本格的に学ぶことができます。コースとしては最短8週間から一年間設けられており、ここの養成塾でしっかりと寿司の技術を学ぶことができます。技術を習得してから、他の店で修業を行ったり、就職をして働くのも良いですし、自ら日本人寿司職人として海外でケータリング業者を立ち上げて、日本人が握る本格的な一品を外国人たちに振舞うことができます。海外ではまだまだ日本人が握るお店などが非常に少ないので、日本人が握るというだけで非常に価値があると考えられています。日本の美味しい味を海外に広めていくためには、まず養成塾でしっかりと本格的な技術を体に覚え込ませることです。そして、新鮮でおいしいものを提供したいという気持ちを忘れることなく握り続けることです。