寿司のケータリングサービス;魚の鮮度は?

最近、ますますおいしくなってきていると言われているケータリングの寿司は、急に1人で食べたい時やホームパーティーで目玉料理としてお出ししたい時に活用することができます。
でも、気になるのが魚の鮮度です。お店で食べる方が美味しいのではないかという意見もあるかと思われますが、最近のケータリングのお寿司の味は言うまでもなく美味しくなってきています。美味しい理由は、魚が新鮮な状態でお店に届けられ、職人さんの手によって素早くさばかれ、注文を受けてから職人さんがネタを切りさばいて、鮮度が落ちないように工夫されている輸送手段を利用し、一分でも早くお客様の元に届けるように迅速に配達することで、お店にも負けないくらいの美味しいお寿司を自宅で頂くことができます。
ネタの新鮮さを失わせないようにする一連の努力と技術力の向上のおかげで、お店と同じレベルの鮮度の高いお寿司を自宅でも食べることができるのは大きな魅力です。ここまで美味しくなっているとわかると、長時間行列に並ぶことなく、自宅ですぐにいただくことができます。それにお店によってはケータリングの寿司以外にも美味しい魚をふんだんに使用したお刺身も届けてくれる業者がありますので、何かお祝い事などがあれば、お寿司とお刺身のセットを持ってきていただくこともできそうです。ここまで美味しくなっているとわかると、これからは自宅でゆっくりと頂いたほうが良いかもしれないです。

お寿司のケータリングサービスを始めるのに必要なこと

イベントや宴会、結婚式、パーティなどの大勢の人が集まる際に、たくさんの方に楽しく食事を提供できる方法にケータリングというサービスがあります。
ケータリングは、大人数用の食事をあらかじめ作って会場に運んで、バイキングのように提供するという方法などがあり、イタリアンやフランス料理などさまざまな種類の食事を提供している会社が多くありますが、なんといっても日本人に人気なのがお寿司です。
お寿司を大勢の方に提供するサービスには、あらかじめ作ったお寿司を注文された数を宅配するタイプのものから、職人サンをスタンバイさせて、注文を受けるとその場で握るといったサービスなどもあり、バイキングのように楽しんで食べることができるため、大人数の方々があつまる場所ではとても人気の食事方法となっており、大手のチェーン店や個人経営のお店の方までこの方法の営業を行っているお店が増えてきています。
お寿司のケータリングのお店をするとなれば、回転寿司店のように直接お客さんが店舗で食事をする必要がなく、宅配をしたり直接お客さんに取りに来てもらうため、営業をする店舗が必要なく、厨房があれば営業をすることができるのでコストをかけることなく運営をすることができると注目をされていますが、店舗にかかる費用をおさえることができるというメリットがありますが、運営するためにはお客さんからの注文を受けるためにインターネット注文や電話でも注文をスピーディーにできる環境や、注文数を増やすことのできるメニュー表や宣伝にコストをかけることが必要となってきます。

ケータリング寿司職人になるには

今では外でも家でも手軽にお寿司を食べることができる時代になっています。中でもケータリングタイプの寿司は非常に需要が高まっており、最近では職人さんになって自らデリバリーの会社を立ち上げて、お客さんに美味しい寿司を国内外で振舞う動きがあります。
どのようにしてケータリング寿司職人になれるのかといいますと、一般的なお店で弟子修行をするのも良いです。ただし弟子修行の場合は飯炊き3年握り8年と言われているくらい大変な修行をこなさないといけないです。一年くらいで一人前になるには難しい世界だと考えられていました。
でも、最も早く一人前になれる方法があります。それはすし専門の養成塾で本格的に学ぶことができます。コースとしては最短8週間から一年間設けられており、ここの養成塾でしっかりと寿司の技術を学ぶことができます。技術を習得してから、他の店で修業を行ったり、就職をして働くのも良いですし、自ら日本人寿司職人として海外でケータリング業者を立ち上げて、日本人が握る本格的な一品を外国人たちに振舞うことができます。海外ではまだまだ日本人が握るお店などが非常に少ないので、日本人が握るというだけで非常に価値があると考えられています。日本の美味しい味を海外に広めていくためには、まず養成塾でしっかりと本格的な技術を体に覚え込ませることです。そして、新鮮でおいしいものを提供したいという気持ちを忘れることなく握り続けることです。